マガジンのカバー画像

研究員’s ストーリー From R&D Station

10
ライオンの研究・技術情報を紹介するWebコンテンツ「R&D Station From Lion」と連動して、研究員の仕事に対する想いや新たな取り組みを発信しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

冷凍餃子の張りつき原因究明に挑む!フライパンと向き合った3か月間の軌跡

こんにちは。広報担当の柘植(つげ)です。 突然ですが、みなさんは「冷凍餃子フライパンチャ…

122

家族をつなぐ家事は、もっと「楽♪」になる

こんにちは。入社4年目の遠藤です。住居用洗剤の研究開発を担当しています。 突然ですが、み…

77

僕たちの容器で、未来の生活をちょっとだけ快適にしたい。

こんにちは。研究員の山内です。入社以来ずっと、容器の研究開発を担当しています。容器の研究…

171

洗濯ぎらいの私が、洗剤を10年研究して感じた3つのこと。

初めまして、ライオンで洗濯関係の研究開発をしている大塚です。主に、洗剤について考えていま…

180

ライオンの「習慣づくり」を世界へ。世界的フェスから感じた『TANO-LT』の更なる可能…

徐々に各地で夏フェスの復活も報じられ、熱く盛り上がりはじめる今日この頃。 アメリカのテキ…

ワクワクする運動習慣づくりで、介護の未来を明るく変えていく。ライオン初の試みに挑…

多忙な日々のなかでついつい体を動かすのが億劫に・・・ 運動したほうが健康に良いのはわかっ…

お口の機能低下を防ぎ、人々の「食べる・話す・笑う」楽しみを守りたい。自ら情報発信を行う研究員の想いとは

国や医歯学界が注目している老化のサイン、「オーラルフレイル」を知っていますか? オーラルフレイルは、「Oral(オーラル)=口」と「Frailty(フレイル)=虚弱」から成る言葉です。滑舌低下・食べこぼし・噛めない食品が増えるなどといった口に関する機能の衰えを指し、放っておくと摂食・嚥下(えんげ)障害(※)などで口から食事を摂れなくなってしまう恐れも。そのため、できるだけ早期からの対策が求められています。   「オーラルフレイル」の考え方は厚生労働科学研究によって示され

いつまでも生き生きと暮らせる社会をつくる『TANO-LT』が世界最大級の複合フェスティ…

超高齢社会に突入した日本。 それにより発生した課題を解決し、誰もが生き生きと暮らせる社会…

≪後編≫10代が本気で考えた自分たちのオーラルケア習慣。ライオン研究員が中高生とつ…

「10代の若者たちが気軽に続けられるオーラルケア習慣をつくりたい」という思いで始まった、角…

≪前編≫10代が本気で考えた自分たちのオーラルケア習慣。ライオン研究員が中高生とつ…

「10代の若者たちが気軽に続けられるオーラルケア習慣をつくりたい」というライオン研究員たち…